HIKARU.には似合わない?“微炭酸”な「変化論」
──後編はカップリングについてお聞きしていこうと思います。まずは「変化論」。前半のインタビューで“微炭酸”というワードが出てきた曲ですが、作曲はTakashiさんとKouichiさんが共作されていると。
Kouichi いや、これ、僕なにもしてないです(笑)。構成に関してのアドバイスをちょっとしたぐらいで。なんか(クレジットの)校正が間違っていたみたいで(苦笑)。
Takashi だから、Kouichiが作ってきたものを膨らませていくっていういつもの流れではないし、「運命開華ディスコ」みたいな俺とHIKARU.のパーセンテージでもないっていう(笑)。
──なるほど(笑)。では、Takashiさんが作曲されたと。なんで“微炭酸”だったんですか?
Takashi 爽快な感じがほしかったんですよ。この曲と同時に「運命開華ディスコ」も作っていたんで、曲の雰囲気をわけたかったんです。あっちはちょっと毒々しかったんで、こっちは爽やかにしようって。アンサンブルも「運命開華ディスコ」はEDMな要素が強くて、「変化論」はバンドサウンドをメインにしています。あと、「運命開華ディスコ」もそうでしたけど、この曲もみんなで歌いたいところがいっぱいあるんですよね。イントロのところとか、ライヴで一緒に歌えたら楽しいだろうなと思っています。
Takeshi なんか青春って感じがするよね、この曲。
Kouichi MATCHみたいなね。
Takashi 僕、ギターレックのときに、マジでMATCH飲みながらやっていましたからね。
Daisuke 俺はレコーディングのときは、コーラを飲むっていう決まりがあって。
HIKARU. てか、Daisukeはいつもコーラ飲んでるじゃん(笑)。
Takashi 普段のDaisuke(笑)。
Daisuke 僕は強炭酸でした(笑)。ギターの音と相まって。
──HIKARU.さんは、聴いた印象はいかがでした?
HIKARU. 夏っぽい印象がありましたね。疾走感があって、爽やかで、僕には似合わないんじゃないかと。
Takeshi 確かに似合わない。
HIKARU. いまだに自分で聴いて違和感ありますからね(笑)。
Takashi でも、ここで新たな一面を開華してもらおうじゃないかと!
HIKARU. この曲の歌録りがすごく調子良かったんですよ。なんか、突き抜ける感がよく出ているんじゃないかなと思います。
よくある流れだとサボっている感じがしちゃう
──Kouichiさんは曲構成についてアドバイスをしたとのことでしたけど。
Kouichi 最初にTakashiが作ってきたデモは、もうちょっといろんな要素が入っていたんですよ。ちょっと変化球的アレンジが入っているというか。でも、そうしたくなるのは凄くよく分かるんです。なんか、イントロ→Aメロ→Bメロ→サビっていうよくある流れにしちゃうと、サボっている感じがしちゃうんですよ。頭をひねってない感じがするっていうか、なんか今回仕事してねえなって感じになっちゃうっていう。それは作曲あるあるなんですけど。
HIKARU. サビの前にもう1メロぐらいあったよね?
Kouichi あった。なんかね、結構複雑なことをしすぎてきた感があるんですよ、カメレオって。
Takeshi 確かに、わりとフツーがイヤな人達が集まっているバンドだからね。
Kouichi うん。でも、聴く人達にとってはリズムもノリやすい方がいいだろうし、メロディーも耳馴染みがいいものの方がいいだろうから、そういう複雑なところを抜いてシンプルにしようっていう。こういう曲って、カメレオとしてはあったようでなかったから、4年やってきてようやく出たな、遅っ!みたいな(笑)。そういう感じもあります。
変化とか進化自体に正解はない気がする
──歌詞はKouichiさんが書いてますね。
Kouichi これは悩みましたね。シングルのテーマが「応援」なので、みんなに共通して届くものにしようと思って。内容としては、強い者でも、賢い者でもなく、変化に対応できる人間が生き残れるんだっていうことを、ストーリーチックに書いたんですけど。なんか、誰にでもそういうことってあると思うんですけど、たとえば、昔好きだったものが、成長していくにあたって好きじゃなくなっていくこともあると思うんですよ。それが変化なのか進化なのかわからないし、時代の流れとかも関係してくるのかもしれないけど……なんかね、僕、この前「シン・ゴジラ」を観てきたんですよ。
──どうでした?
Kouichi 凄くよかったんですよね。既存のゴジラの良い所は継承しつつも、壊すところはしっかりとぶち壊して、今の時代の新しいゴジラになっていて。実際にそれがいろんなところで好評価を得ているじゃないですか。だから、僕らもこれからまだまだいろんな変化をしていかなきゃいけないんだろうなと思って。
──「変幻自在」というコンセプトを掲げているぐらいですし。
Kouichi ただ、変化って難しいんですよね。言っても、自分の好きなもの、嫌いなものって、幼少期のころにある程度作られているところもあるじゃないですか。それは好みの話だけじゃなくて、今までの自分を変えるというのは、すごく大変なことだと思うんです。ただ、このまま自分が何も変われずに、そのままでいることも怖いと思うんですよ。今のままでいいのかなとか、自分が歩いている道はこれでいいのかなってモヤモヤしている人は多いと思うから、そういう人達に届けばいいなと思って、歌詞を書いていますね。
Takeshi なんか、「変化」すると何か言われたりすることもあるけど、それを続けて浸透させていくことで、それが「進化」になったら認めてくれる人もいるのかなっていうのは思いますね。ちょろっと変わったことをしただけじゃおもしろくないっていうか。
Kouichi そういう人には、是非「シン・ゴジラ」を観に行ってほしいですね!
──完全に「シン・ゴジラ」の告知になっているけど大丈夫?(笑)
Kouichi いやぁ、あれは本当におもしろかった!
──HIKARU.さんはいかがですか?
HIKARU. 「シン・ゴジラ」に関して?
──いや(笑)、ごめんなさい、変化とか進化に対して思うことというと。
HIKARU. いやぁ難しいですよね。変化を嫌がる人もいるわけじゃないですか。だからまぁ……難しい。
──たしかに“変わっちゃったね”ってそっぽ向かれてしまう可能性もあるわけだし、そこの恐怖心みたいなものもありますよね。
HIKARU. やっぱりそれがないわけではないんですよ。でも、変化とか進化自体に正解はない気がするというか。他の人がどう思うのかはわからないけど、結局は自分がどうしたいのか?っていうところだと思うんですよ。自分が思った道に進めたのであれば、それでいいんじゃないかなって。だから、それが正解なのか不正解なのか、どちらが良いか悪いかっていう問題じゃなくて、自分がどう在りたいか。それを信じてやればいいんじゃないかなって思います。
多かれ少なかれ、他人には理解してもらえないものを誰もが持っている
──もう1曲の「♂ or ♀」(オスかメス)も、クレジットは「Takashi&Kouichi」になっていますが、こっちは……?
Takeshi この曲はKouichiが元を作ってきました(笑)。
Kouichi めっちゃ悩みましたけどね。この曲は応援なのか?っていう。
Takashi いや、応援でしょ、これは。
Takeshi 俺は“応援”って言われて、応援って思った。
Kouichi あぁ。そっか。なんか、あんまり恋愛の曲として聴いてほしくないかもしれないです。
Takeshi こういうテーマを書いてみたいっていう話は前からしていたよね?
Takashi うん。わりと早い段階で聞いていた。いつもKouichiと一緒に作るときは、最初に仮タイトルを聞くんですよ。それが僕のなかでアレンジしていく第一ヒントになるんですけど、この曲は仮タイトルが「♀♀」(メスメス)だったんですよ。
Kouichi 結構前に、ファンの方から恋愛相談みたいな手紙をもらっていたんですよ。その子は女の子だったんですけど“女の子が好きな私は変なんですかね?”っていう内容で。
──じゃあ実話を元に?
Kouichi 内容そのままではないですけどね。それが2年前ぐらいだったのかな。なんか、世間的にもここ数年で同性愛について寛大になってきたというか。時事ネタとまでは言わないけど、認めている国、認めていない国があったり、地域によって違っていたりとか。世の中いろんな考えがあるけど、僕としては“別にいいんじゃないの?”っていう軽い気持ちなんですよ。それは個性だからいいんじゃないのかなって。ただ、やっぱりまだ同性愛者の人って色眼鏡で見られてしまうところもあるのかなって。
──そういう意味では、恋愛が題材だけど、もっと広い意味でとらえてほしいと。
Kouichi そうですね。同性愛の話だけじゃなくて、多かれ少なかれ、他人には理解してもらえないものって誰もが持っているじゃないですか。それがその人しか持っていないものであれば、それはマイノリティなのかもしれないけど、みんながそういうものを何かしらひとつずつ抱えているのであれば、その事実自体はマジョリティなわけじゃないですか。だから、あまり人には認められないかもしれないけど、自分のなかで確立されているものは大切にした方がいいんじゃないのかなっていう歌詞ですね。
「♂ or ♀」のイメージはちょっと古めのJ-POP
──曲自体はどう作っていったんですか?
Takashi 曲調に関しては“90年代がいい”ってKouichiが言ってて。
Kouichi そう。ちょっと古めのJ-POP。最新じゃない感じ。
Takashi ただ、“そういう感じで!”とは言われたけど、いや、範囲広すぎだろ?と思って(笑)。
──90年代とはいえ、時期によって内容全然違いますからね。
Kouichi そうですよね(笑)。ただ、ちょっと懐かしい感じです。「運命開華ディスコ」は最近の曲が好きなひと向けで、この曲は俺らと同じ時代を過ごしたような世代というか、懐かしい!って思えるものを、今回のシングルで一曲作れたらいいなっていうのはあったんですよ。
Takashi それで実際に懐かしい曲をいろいろ聴いたり、自分でもこれは懐かしいなぁって思うアレンジをしました。あと、この曲も一回デモを作ってから、アレンジャーさんにお願いしたんですけど、それがまた凄かったんですよ。僕も、前編でHIKARU.が話していた歌詞と同じで、最初は自分の作品に他人の手が入ることに抵抗があったんですけど、今は全然なくて。
Takeshi 回数も重ねてきいているしね。 Takashi うん。それに、一緒にやることに刺激をもらえるというか。やっぱり僕はもっといろんな曲を作りたいから、一緒にやることでいろいろ学んで、それを次に活かしていきたいんですよね。だからアレンジャーさん大歓迎です。本当に勉強になる。
Takeshiが抱いた素朴な疑問
HIKARU. この曲好きなんですよ。なんか、今までのカメレオになかった、わかりやすい歌謡曲っぽさがあって。新鮮な感じがありますね。
Daisuke 僕のイメージとしては、歌謡曲というよりはファンクでした。エンジニアさんがギタリストなんで、スティーヴィー・サラスとか、Charさんとか、いろんなギタリストの名前を挙げていろいろ弾いていたんですけど、カッティングがめちゃくちゃ難しくて。それこそカメレオとしてはほとんどやってこなかったので、そこも結構新鮮かなと思います。
Takashi あとは、5人ヴォーカル曲でありそうだけど、ちょっと違う感じもあるし。
HIKARU. 元々は、5人ヴォーカル用にこの曲を持ってきていたんですよ。でも、逆にこれをバンドでやるのは新鮮なんじゃないかなと思って。でも、宣伝部的には、“5人で歌う曲も入れてほしい”と。じゃあ、両パターン作ればいいんじゃないかってことで、通常盤にはこの曲の5人ボーカルバージョンをいれています。
Takeshi でもね、こうやっていろいろ話してきましたけど、きっといると思うんですよ。今、僕と同じことを思っている子が。だから代表して言おうと思うんですけど……あの、マイノリティとマジョリティってなんすか?(一同笑)
Takashi フィーリングでわからん?
Takeshi なんとなくわかるんだけど、言葉では言えない。
HIKARU. なんだと思う?
Takeshi なんで俺がフィーリングで感じることができたのかっていうと、マンガの「トリコ」に「マイノリティワールド」って技があったんですよ。だから……“領域”みたいな? そういう感じ?
一同 …………。
Takeshi いや、俺みたいにこの2つの言葉をなんとなくな感じでほっとく子が結構たくさんいると思うから、ここで言っといたほうがいいと思うんだけど。
HIKARU. じゃあ、Daisuke。
Daisuke え、俺? 少数派(マイノリティ)、多数派(マジョリティ)でしょ?
Takeshi あ、そうなの? 領域は?(一同大爆笑)
ブレてるんじゃねえ、ブラしてんだよ
──見事なまでにタイプの異なった3曲が収録されていますね。
Takeshi ウチって結構そうなるんですよ。
HIKARU. なんかわかんないんですけど、似ている曲を入れたがらなくて。
Takashi あぁ。入れないね。
Takeshi 1stアルバムの「なう」辺りから、“オムニバスみたいな感じ”っていうのはずっと言っているかも。
──なんか、「カメレオ、ブレてるんじゃないか」っていうのを聞いたんですけど、それこそずっと掲げている「変幻自在」というコンセプトからはブレてないと。
HIKARU. うん。ブレてないですよ。
Kouichi むしろ一生ブレていたいですからね。
HIKARU. だから“ブレてる”って言われなくなったらおしまいです。
Takashi でも、言葉の響き的にはあんまりよくないかもね。“ブレてる”って。
HIKARU. じゃあブラしてる? “ブレてるんじゃねえ、ブラしてんだよ”みたいな。
──それに「♂ or ♀」のように社会風刺的な楽曲も変わらず入れてきていますよね。
Takeshi なんか、いろんな人が思うカメレオのイメージみたいなものがあると思うんですけど、俺らとしては“こういう曲じゃなきゃイヤだ”っていうのがないから、ブレてると思われるのかもしれないですね。
──あぁ。なるほど。自分の好きなカメレオの路線があって、そこからズレるとそういう意見が出るんじゃないかっていう。
HIKARU. 確かに。でも、いろんな曲があるから、ライヴとか楽しいと思うんですけどね。なんか、たまにありません?ライヴとか観に行ったときに、なんか似ている曲が続くなぁって思っちゃったりすること。この曲さっきもやったよね?みたいな。
Takeshi 他のアーティストって、たとえばシングルを出すときも、同じようなテイストを入れて“これが俺らだ!”っていう感じで出すと思うんですけど、ウチらはそれがイヤなんですよ。それと同じで、セットリストも同じような感じが続くのはイヤっていうのはありますね。
HIKARU.が思うヴィジュアル系のよさ
HIKARU. 僕、この前とあるヴィジュアル系バンドの人達と、最近どうしてるの?みたいな話をしていたんですよ。お互いの現状報告みたいな感じで。で、カメレオは、ちょっとずついろんなところでやるようになってきているよ、みたいな話をしていて。そしたら“そうなんだ。いいね”って。で、その人達は“僕達はヴィジュアル系を貫く”って言っていたんですよね。ヴィジュアル系って日本の文化じゃないですか。それを“守りたいし、残していきたい”っていう話をしていて。それはとてもいいことだと思うんですよ。でも、そういう想いがあるはずなのに、なんでもっと外に出て行こうとしないのかな?と思っちゃったんですよね。今って全部が全部そんな感じじゃないですか。ヴィジュアル系っていう内側でやっているだけで、それだと逆に絶滅しちゃうんじゃない?って。
──ちなみに、HIKARU.さんが思うヴィジュアル系だったり、ヴィジュアル系の良さってどういうところですか?
HIKARU. 音楽としてのジャンルが自由だし、作品によって毎回コンセプトを変えられるところ。僕、浜崎あゆみさんとかBIGBANGも、ある意味ヴィジュアル系だと思っているんですよ。
──音楽だけじゃなくて、ファッションとか、いろんなものを含めてトータルで見せるっていう意味で?
HIKARU. うん。そういうことです。
──僕はすごく納得できるんですけど、そういう考え方って、それこそマイノリティだと思うんです。そうではないマジョリティな考え方に対して、カメレオが戦っていくための武器としてひとつあるのが「変幻自在」になるんですかね。
Kouichi でも、最初に「変幻自在」っていうコンセプトをつけた理由って、「時代の移り変わりに、カメレオンのように変化し対応していく」みたいな。“いや、今の時代はこっちなんで”とか“こっちが流行っているんで、僕らは逆にいきます”って言えるところもあるし(笑)。
Takeshi そうやって言っちゃうと、なんだか逃げているように思われるかもしれないけど、結局そこはメンバー5人であったり、スタッフさんも含めてみんなが信じたものをやっていくので。だから良いコンセプトだなと思いますけどね。
ツアーファイナルは金曜日!ワンマンツアー『#カメレオ維新』
──そして、本作を引っ提げてのツアーが決まっています。渋谷WWWを皮切りに、全国14カ所15公演を廻る『カメレオ ワンマンツアー2016 #カメレオ維新』。ツアーファイナルは、11月25日、EX THEATER ROPPONGIで開催されますけども。
Takashi 平日ですよ!
──金曜日ですね。ツアーの告知動画で「2016年問題」のことも触れられていましたが。 Takashi もうそこはやるしかないですね(笑)。ライヴはライヴなんで。
──ツアーファイナルに関しては、スタンディングのみでなく、「平日お試し半額席」や「ハートフルファミリー席」など、さまざまなシートを用意されていて。
HIKARU. SS席が人気なんですよ。(チケット代が)高いのに。
Takashi 僕は「ハートフルファミリー席」がいいなぁ。どちらかというと座って観たい派なので。
Takeshi じゃあ、まずはTakashiジュニアをなんとかするところから始めないとな!(一同笑 ※ハートフルファミリー席は小学生以下のお子様とその保護者が対象となります)
HIKARU. Daisukeはどこがいい?
Daisuke 僕は「平日お試し半額席」で。
Takeshi お金ないの?(笑)
Takashi でも、半額席は、初めて来る人には優しいと思いますからね。ちょっと気になるから行ってみたいけど高いなぁっていう方々は、是非この機会にきてもらえると嬉しいです。
HIKARU. あと、さっきの話じゃないですけど、カメレオは「変幻自在」っていうコンセプトでやっているのもあって、もしかしたらずっと好きでいることが難しいかもしれないんですよね。でも、毎回何かしら変化をしているから、そのときどきで違った良さがあると思うんです。だから、最近ちょっと離れちゃっていたけど、今のカメレオってどんな感じなのかなって観に来てもらえると、その時とはまた違った良さを伝えられるんじゃないかなと思っています。
Takeshi そうだね。最近あんまり来なくなったカメコカメオ友達も誘ってみてください。
47都道府県ツアーでダメだと思ったところを払拭できそうな気がする
──ツアー自体はどんなものになりそうですか?
HIKARU. まだなんとなくのイメージでしかないんですけど、「運命開華ディスコ」のコンセプトが和だったので、それに沿ったものを何かしらできるといいなと思っています。 Takashi 今、いろいろ話し合っていますので。でも、去年行けた場所にもう一度行けるというのは単純に嬉しいですよね。
Daisuke 個人的な話になっちゃうんですけど、俺、去年よりはダンスのキレがよくなっていると思います。
Kouichi …………はぁ?
Takeshi お前マジメにインタビューやれよ!
Daisuke いや、あれなんですよ。俺、去年の中野サンプラザが終わってから、ジムに通うようになったんです。体幹とかいろいろ鍛えようと思って。だから……ね、ちょっとキレのあるダンスを……(吹き出し笑)。
Takeshi お前マジメにやれよ!(笑)
Daisuke ちゃんとパワーアップした自分達をみせたいと思っています!
Takeshi 俺もパワーアップした姿を見せたいと思っているんですけど、今のカメレオはいろんなことにどんどん挑戦していて、ターニングポイントだと思っているんですよ。まぁそこはずっと続くことなのかもしれないけど。ただ、そうやって変わっていっている僕達を見て、もしかしたら“最近カメレオ大丈夫?”って思っている人達もいるかもしれないんですよね。でも、そこで“やっぱりカメレオっていいよね!”って思ってもらえる力強いライヴを、スタッフ含めてチーム一丸となって作っていきたいし、ファイナルが終わったときに、この1年ちゃんと進化したねって感じられるものにしたいと思います。
Kouichi 去年47都道府県ツアーをやったときに、良い意味でダメだなって思っていたんですよね。そこはライヴの中身もそうですけど、すごく独りよがりの曲を今まで書いてきたんだなっていうのを、すごく強烈に感じていて。そこから「パリピポ」「KAMENICATION!」「運命開華ディスコ」の3枚で、自分の内側に向かっていく感じではなく、誰かに対してだったり、外に向けた曲を作れたと思うから、47都道府県ツアーでダメだなって思っていたところを払拭できそうな気がします。あとは、HIKARU.が“楽しいだけじゃダメだから”ってライヴでよく言っているけど、“お前らに言われたくねえよ”って言われないようにちゃんとしなきゃなと思いますね。ちゃんと緩急付けたライヴにしたいし、僕達が発信するものではあるけど、ファンのみんなと良いライヴを作っていきたいと思います。そしてきっと、ツアーが終わる頃には、各会場でいただいたエネルギーが次作に繋がっていくんだろうなと思っているので、そのためにも頑張りたいです。
(インタビュー:山口哲生)
前編はこちら

2016.8.24 シングル『運命開華ディスコ』

『運命開華ディスコ』
【初回生産限定盤】 CD+KMカード

<CD>
1.運命開華ディスコ 
2.変化論
3.♂ or ♀

<KMカード特典>
「運命開華ディスコ」MV&メイキング
MV「運命開華ディスコ」-HIKARU. ver.-
※「運命開華ディスコ -HIKARU.ver.-」のダウンロード開始は2016年9月1日からとなります

DCCSG-009
¥1,800+税

『運命開華ディスコ』
【通常盤】 CDのみ

<CD>
1.運命開華ディスコ 
2.変化論
3.♂ or ♀<5VOCAL ver.>
4.カメトーク

DCCSG-010
¥1,400+税
PAGE TOP